美容皮膚科の医師の求人に応募した体験談

美容皮膚科の医師として働いて

美容皮膚科医を選んだ理由 | 美容皮膚科の医師として働いて | 美容皮膚科の医者になって良かった

私は学生時代より、常に自分の身体や容姿に対してコンプレックスを持っていました。
鼻が低いことや、アトピー性の肌を持っていることに対して、常に悩んでいました。
なので将来は絶対にお金を稼いで美容皮膚科等に行き、自分の憧れの身体や容姿やスタイルを手に入れるのだと意気込んでいました。
私だけでなく、世の中には実に沢山の見た目で悩んでいる人というのが多いと思います。
そして私はそういった人達の気持ちが非常によく分かるので、そういった人達の役に立てるような仕事がもしも出来るのならば、是非させて頂きたいと思ったのです。
そして私はせっかく無事に医学部を卒業することが出来たので、美容皮膚科の医師として働いて社会貢献していきたいと考えたのです。
本当に病院というのもサービスを提供する場であるので、ただ機械的に事務的に治療や対応をする医者の元に通うより、患者さんにとっては真に患者さんの気持ちに寄り添ってくれるような医師や看護師がいる病院に行きたいと思うに決まっています。
私は温かみのある人の気持ちが分かる医者になりたいという強い志を持って、美容皮膚科の医師として働きたいと思うようになり、そのような求人に応募したというわけです。